•  
  • メール
最終更新日 2017年2月3日
ページID 001707印刷

MR(麻しん(はしか)と風しんの2種混合ワクチン)予防接種

都内を含む国内において麻しん患者が散発発生しています

詳細は、流行状況にお進みください。

麻しん・風しんについて

  • 麻しん風しんも、空気感染する(=ウィルスや細菌が空気中に飛び出し、1メートル以上離れた人にうつる)病気です。
  • WHO(世界保健機関)は「日本は麻しんの排除状態にある」と認定していますが、海外から麻しんウイルスが持ち込まれることもあります。麻しんウイルスは感染力が強く、手洗いマスクだけでは十分予防できません。麻しんは、体育館のような広い場所でも感染することがあり、免疫のない人が感染するとほぼ100パーセント発症します。お子さんが予防接種の履歴を確認して、未接種の場合は早目に接種するようお願いします。
    詳しい症状や、副反応、流行状況については、下記参考リンク先をご覧ください。 
  • お子さんが、麻しんを発症した場合は熱が下がってから3日過ぎるまで、 風しんを発症した場合は発しんが消えるまで、お子さんが保育園・幼稚園・学校は休まなければなりません(学校感染症とその出席停止期間(PDF形式:136KB))。大人の方も、麻しんを発症した場合は会社や外出を控えて、無理をしないで、まず、病気をしっかり治すことが大切です。 

医師の届出義務(感染症法第12条

麻しん・風しんを診断した医師の方は、中野区保健所 保健予防担当(電話03-3382-6577、ファクス03-3382-7765)まで、届出をお願いします(東京都感染症情報センター 届出基準・発生届(東京都独自様式))。届出をいただくことで、麻しんの発生や流行を探知することができ、まん延を防ぐための対策や、医療従事者や区民への情報提供をすることができます。

参考リンク先

流行状況

接種ワクチン

  • 対象年齢の世代には、麻しんのほか風しんに対する免疫も保有していない方が一定程度いることが指摘されていることから、風しん対策の観点も考慮し、原則として、MR(麻しん風しん2種混合ワクチン)を接種します。
  • 接種前に麻しん又は風しんにかかった方については、MRを接種しても差し支えありませんが、麻しん又は風しんの単抗原ワクチンの予防接種を受けることもできます。ただし、麻しん単独ワクチン及び風しん単独ワクチンを接種する場合は、MRの予診票は使用できませんので、予防接種予診票の交付の申請をお願いします。 
  • MR麻しん単独ワクチン風しん単独ワクチンは、いずれも生ワクチンですので、これらを接種すると他の予防接種は27日間は受けられません。

対象者・費用

MR第1期(1回目)

  • 定期予防接種としてのMR第1期予防接種の対象者は、中野区にお住まい(東日本大震災に伴う被災者を含む)の、1歳(生後12か月)から2歳(24か月)になるまでのお子さんで、費用は無料です(参考:年齢の数え方)。
  • なお、長期にわたる療養特別の事情のため、2歳までにMR第1期予防接種を受けられなかった場合、予防接種が受けられる状態になってから2年以内であれば、定期予防接種ができます(予防接種法施行令第1条の3第2項)。ご希望の方は、下記このページについてのお問い合わせ先まで、ご連絡ください。

MR第1期(任意接種)

MR第2期(2回目)

  • 定期予防接種としてのMR第2期予防接種の対象者は、中野区にお住まい(東日本大震災に伴う被災者を含む)の、小学校就学1年前の4月1日から、小学校就学年の3月31日までの1年間(いわゆる保育園・幼稚園などの年長組)のお子さんで、費用は無料です。
  • なお、長期にわたる療養特別の事情のため、小学校就学年の3月31日までにMR第2期予防接種を受けられなかった場合、予防接種が受けられる状態になってから2年以内であれば、定期予防接種ができます(予防接種法施行令第1条の3第2項)。ご希望の方は、下記このページについてのお問い合わせ先まで、ご連絡ください。

MR第2期(任意接種)

MR第3期・第4期は終了しました

MR第3期(中学1年生相当の年齢の方が対象)およびMR第4期(高校3年生相当の年齢の方が対象)は、2013年3月31日で終了しました。

接種方法

  • MR第1期の予診票は、お子さんが生後2か月になる月の下旬に、保護者宛に送付します。
  • MR第2期の予診票は、お子さんが小学校に入学する前年の4月頃に、保護者宛に送付します。
  • 東日本大震災に被災し避難してきた、予診票発送以降に中野区に転入した、接種に行ったが医師の判断で接種しなかった(医師の診察を受けると、接種しなくても予診票は使用される)、紛失したなど、予診票がない場合は、予防接種予診票の再交付の申請をお願いします。

まず予約

  • MR予防接種は、受けたい方が各自で医療機関と日時を調整し、その医療機関に出向く個別接種です。
  • 中野区予防接種実施医療機関一覧実施する予防接種の種類欄に「MR」((麻しん単独ワクチンは「M」、風しん単独ワクチンは「R」)の表示がある医療機関で接種できます。
  • 医療機関によって、接種の曜日・時間などが異なりますので、必ず事前に各医療機関にお問い合わせの上、予約をしてお出かけください。
  • 中野区内の実施医療機関以外の医療機関での接種を希望する場合は、中野区外で接種したい場合にお進みください。

接種当日

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防分野 予防接種担当

中野区保健所2階4番窓口

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート