•  
  • メール
最終更新日 2009年12月11日
ページID 001806印刷

こころの健康づくり-4

中野はげんき応援区

4.ストレスをコントロールしましょう

 こころの健康を保つには、ストレスをコントロールすることが大事です。

 家の中で過ごす状態が続くと、生活の活動範囲が非常に狭くなってしまいます。また、活動の少ない生活が続くと、心身の機能が弱り、寝たきりなどにもつながります。

 適度なスポーツや運動を習慣にすると良いでしょう。

 中野区が行った調査では、身近な人と話をしたり、趣味・スポーツに打ち込むことによってストレスを発散している人が多いことが分かります。(図2)

図-2 イライラやストレスがあるときの対処(複数回答) 身近な人に話をして発散する44.9% 趣味・スポーツにうちこむ35.2% テレビを見たりラジオを聞いたりする34.4% 寝てしまう29.3% 買い物をする24.3% 何か食べる22.1% 「平成20年度中野区保健福祉に関する意識調査報告書」より

(1)気持ちのコントロール

  • 生活のリズムを整える
  • 音楽を聴く、楽器を演奏したり歌を歌う
  • 芸術鑑賞、映画、コンサートに行く
  • 趣味を楽しむ
  • 本を読み、興味あることを学ぶ
  • 軽い運動をして、よく寝る
  • ゆっくりと入浴する
  • 人とのおしゃべりを楽しむ
  • 友だちや親戚を訪ねたり、子どもと遊ぶ
  • ゆっくりと美味しく食事する
  • 自分なりのリラックス法を見つけ、実践する
  • ストレッチで体をほぐす

(2)考え方や行動のコントロール

  • 自分が正しいと思うことに全力を尽くす
  • 「完璧な人などいない」と思う
  • 過去は変えられないが、未来は変えられると考える
  • 問題の要点を書き出す
  • 解決法を数多く挙げてみる
  • 最適な方法を少しずつ実行する
  • 目標を決める
  • スケジュール表を作る
  • 最も優先すべきことからはじめる

(3)人間関係のコントロール

  • 自分を支えてくれる人・支援ネットワークを手に入れる
  • 支えてくれた人に心から感謝する
  • 相手の話を聞き、自分の思いを正確に表現する
  • NO(ノー)をはっきり表現する
  • 他人を批判せず、問題点を挙げ、それに対する相手の反応を受け止める
  • 人に批判されたら、相手の言うことをよく聞き、間違っていたら素直に認める。理解できない時は説明を求める
  • 感情が高ぶったら休憩する
     

時にはゆったりとリラックスしましょう
 


続きはこちらから

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進分野 健康企画担当

東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8826
ファクス番号 03-3228-5626
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート