•  
  • メール
最終更新日 2012年6月29日
ページID 001855印刷

最近、疲れすぎていませんか(こころの健康チェックを)

 「最近、どうも疲れが取れない」「夜、なかなか寝付けない」なんていうことはありませんか。
 もしかしたら、それは「うつ」のせいかもしれません。うつは特別な病気ではなく、心の風邪と言われています。誰もがかかる可能性がありますが、治療をすれば治ります。
 忙しい毎日や生活環境の変化など、過度のストレスが長く続くと、心身に様々な影響を与え、うつ状態やうつ病を引き起こすことがあります。
 うつ病は決して特別な病気ではありません。国民の約15人に1人はかかる、非常に一般的な病気です。また、治療をすれば治る病気でもあります。しかし、放っておくと重症化し、治りにくくなったり、自殺に追い込まれたりすることもあります。
 現在、東京では交通事故で亡くなる方の5倍もの人が自殺により亡くなっています。このような事態を受け、平成18年6月には「自殺対策基本法」が公布されました。
 自殺で亡くなった大部分の方が、ストレスや悩みを抱え、うつ状態になっていたといわれています。自殺を防ぐにはうつ病を早期に発見し、治療をすることが大切です。
 

体調が悪いのはうつ病が原因の場合も

 うつ病は、心と体の両方に症状が出ます。
 不眠や頭痛などといった体の不調が続いたので、身体的な検査をしたのに、異常が発見されず、実はうつ病が原因だったということもあります。
 おかしいなと思ったら、うつ病の自己チェックをしてみましょう。早めの発見が早期の回復につながります。
 また、家族や職場の同僚などの様子がいつもと違うようなことがあれば、うつ病のサインが現れていないか確認して下さい。
 

早めの相談がポイント 

 うつ病が疑われる場合は、ひとりで悩まず、専門家に相談しましょう。早めの相談が状態を悪化させない重要なポイントです。
 相談は、かかりつけ医や精神科・神経科・心療内科などの医療機関、または管轄のすこやか福祉センター(下記参照)へ。保健師による心の健康のための相談や、専門医師による相談も行っています。ぜひご利用下さい。

心の相談は管轄のすこやか福祉センターへ
所在地 電話 ファクス
中部すこやか福祉センター 中央三丁目19番1号 03-3367-7788 03-3367-7789
北部すこやか福祉センター 江古田四丁目31番10号 03-3389-4323 03-3389-4339
南部すこやか福祉センター 弥生町二丁目41番2号 03-3380-5551 03-3380-5532
鷺宮すこやか福祉センター 鷺宮三丁目18番15号 03-3336-7111 03-3336-7134


 

予防のためにできること 

 うつ病を予防するには、ストレスと上手に付き合うことが必要です。次の点を心がけて、心身ともに元気に過ごしましょう。

  • 自分に合ったリフレッシュ法を見つけましょう。
  • 生活リズムを整え、快適な睡眠をとれるようにしましょう。
  • バランスの良い食事を心がけましょう。
  • 不安や悩みは周囲の人に相談してみましょう。自分の考え方のクセに気づくことができる場合もあります。
     

身近な人がうつ病になったら 

 もし、あなたの周りの人がうつ病になってしまったときは、ゆっくりと休ませて、治療に専念させてあげて下さい。
励ますことや無理に気晴らしを勧めることは、悪化の原因にもなりかねないのでやめましょう。接し方などわからないことは、専門家に相談してください。
 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

地域支えあい推進室 鷺宮すこやか福祉センター 保健福祉包括ケア担当

中野区若宮三丁目58番10号

電話番号 03-3336-7111
ファクス番号 03-3336-7134
メールフォーム
受付時間 月曜日~金曜日 午前8時半~午後7時 土曜日 午前8時半~午後5時 日曜・祝日・年末年始は休み

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート